父島アクセス

父島の行き方は2パターン

父島へのアクセスは、船・フェリーしかありません。(※飛行機なし) フェリーは、小笠原諸島の父島に着きます。父島へのアクセスとして、2パターンのフェリー船があります。

1. 定期船 おがさわら丸

2. 豪華客船フェリー 小笠原父島寄港 (観光シーズンのみ)

  • にっぽん丸
    1990年就航の外航クルーズの豪華客船。総トン数:22,472トン、全長:166.65m。
  • ぱしふぃっくびいなす
    1998年就航の外航クルーズの豪華客船。総トン数:26,594トン、全長:183.4m。
  • ふじ丸
    1989年就航の外航クルーズの豪華客船。総トン数:23,235トン、全長:167m。
  • 飛鳥Ⅱ (飛鳥も父島寄港。飛鳥Ⅱは2014/07/03小笠原初寄港)
    2006年就航、日本籍最大の豪華客船。総トン数:50,142トン、全長:241m。
  • きそ
    2005年就航の名古屋,仙台,苫小牧間の定期航路フェリー。総トン数:15,795トン、全長:199.9m。
  • いしかり
    2011年就航の名古屋,仙台,苫小牧間の定期航路フェリー。総トン数:15,762トン、全長:199.9m。
  • きたかみ
    1989年就航の名古屋,仙台,苫小牧間の定期航路フェリー。総トン数:13,937トン、全長:192.5m。

豪華客船フェリーの父島ツアー情報

その他のアクセス

  • 共勝丸 (貨物船※乗船に条件あり)
  • 飛行艇US-1A, US-2(海上自衛隊岩国基地所属 急患搬送)
  • ヘリコプターUH-60J(自衛隊硫黄島基地を経由 急患搬送)
  • ※TSLテクノスーパーライナーは断念